have a fine time

V40クロスカントリー

とある事情で先週からV40クロスカントリーが我が家におりました。
e0211826_16422990.jpg

1週間滞在してたのですが週末しか乗らなかったので100km弱の走行。
ただ、それでも我が家のV40との違いがはっきりわかりましたので、記憶が鮮明なうちに書き記しておこうと思います。

V40購入から約10ヶ月が経ちますが、街中でV40クロスカントリーを見かけるたびに
あー、あっちの方がかっこいいな。。。って実は思ってました。
理由はルーフレールが付いて全体のバランスが私には良く見えたり、何気にスポーティーなフロントマスクなどです。
実際乗り込むと1cmだけですが車高が違い、視線が高くフィーリングはなかなか。
おそらく2013年モデルで、エンジンは2リッター5気筒エンジン。
ミッションはATで駆動方式はAWD。馬力は210馬力くらい(多分)、ちなみに我が家は170馬力

乗ってすぐに感じたのは古臭さ。
ほんの2〜3年前のモデルですが、この間、ボルボはエンジンを刷新しており、伝統の5気筒ではありますが、今の4気筒モデルの方が明らかに洗練されています。
(3気筒ディーゼルとかはさらに良いのかもしれませんが・・・)
そして、我が家の車のツインクラッチに対し、このV40はAT。
最新のATはそんなに悪くないのかもしれませんが、2013年のATは独特の滑る感じがあり、どうにものっそり・・・
エンジンもパワーの割には良くも悪くもマイルド。
マイカーの方がいろんな意味で気持ち良く、スポーティーに走ってくれます。

すでに返却してしまいましたが、最新のV40クロスカントリーや、ディーゼルモデルの進化具合が気になるくらい、明確な違いを感じることができました。
ドイツ車ばかりに目がいってしまいますが、最近ボルボはドイツ車と対等に戦え、且つ、北欧のセンスの良さを感じれるので、以外と客を奪っているのではないでしょうか。

はー、クルマっていろいろでホントに楽しい??
[PR]
by finekicks | 2016-03-06 21:40 | ボルボ